top of page

全盲の旅カメラマンおーちゃんと暗闇写真(写心)体験 in 臨江閣


目が見えないからこそ感じられる  大切なことを写真に。



暗闇カメラ体験や全盲の旅カメラマンおーちゃんの話から感じたことを対話するイベントです。


場所は前橋公園にある臨江閣。

歴史ある建物と色彩豊かであらゆる感性をくすぐらせる庭園。

そこで目を瞑り、その先に見えるものを写真に収めます。




ゲストに全盲の旅カメラマンのおーちゃんこと大平啓朗さんをお呼びします。

おーちゃんは心で感じたものを写す写心家です。

見えなくてもその場で感じる音や香り、暖かさなど視界以外の情報で写心を撮ります。


目が見えないことにより、

見えている時より密に人とコミュニケーションができ、

思いやりを超えた思い合いができる

とおーちゃんは言います。


そんな思いやりを超えた思い合いを

暗闇での撮影を通じて体感し、

さらにその体感を元に対話することで

その感覚を自分に落とし込んでいきます。


この体験は

人間関係の改善や

更なる自己理解など

あらゆることに繋がるはずです。


ぜひお越しください。

お待ちしております。


▼ゲスト情報

大平 啓朗さん


全盲の旅カメラマン。北海道下川町生まれ、名寄市在住。24歳で事故により失明後、47都道府県を民泊で旅する。そのコミュニケーション力は教育関係者やメディアから注目され、高い評価を受けている。現在は撮影、作曲、執筆活動をしつつ、学校授業や講演会の他、写心展や音楽イベント、暗闇ワークショップ等を全国各地でプロデュース。特定非営利活動法人『ふらっとほ〜む』理事長。次世代の担い手育成推進事業 福祉教育アドバイザー(北海道)、ユニバーサルMVを作る会代表。


▼スケジュール

前半 暗闇写真体験

おーちゃんの写真の撮り方を聞いた後、

2人1組になって1人がアイマスクをした状態で庭園の写真撮影を行い、もう1人がサポートをします。

その後に見えない状態での移動の際、感じたこと、目を瞑ったからこそ見えたもの、サポーターとのやり取りを通じて感じたことを対話してみます。


後半 おーちゃんの人生へ潜る

24歳で失明をした後に自身がハッピーであると感じた経験や全国旅をしたこと、これからオーロラを見に行く旅へ行くことを聞き、

感じたことやおーちゃんの旅でやってみてほしいことなど話してみます。

暗闇体験をした後だからこそ感じられることもあるはずです。


▼イベント詳細

【日程】

2022年9月3日(土) 14:00〜16:30

【場所】

群馬県前橋市大手町3丁目15−3

臨江閣 別館 西洋間

【料金】

大人 2000円

高校生以下 500円

下記URLから申し込みできます。 https://peatix.com/event/3306808

※InstagramのDMでご連絡いただけたら現地精算もできます。 下記からどうぞ! https://www.instagram.com/dialogue.space.gunma/

【持ち物】

写真を撮れるもの(スマホやカメラ)

【主催・運営】

ODDSCHOOL

【駐車場】

前橋公園の駐車場をご利用ください。

【その他】

暗闇体験をしているとき、パートナーの方と物理的に触れることがあります。

ご了承の上参加いただけるようお願いいたします。


▼コロナ感染症ガイドライン

コロナ感染症対策として、ご参加の際は以下の点に留意してご参加ください。

* 入室される際に備え付けの消毒液で手の消毒をお願い致します。

次の症状が見られる場合にはご参加をお控えくださいますようお願い申し上げます。

* 風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合

* 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合

* ご家族に以上の症状が見られる場合体験をした後だからこそ感じられることもあるはずです。

Comments


bottom of page